大学で幼稚園教諭の資格を取るメリット

大学で学ぶことによって、卒業と同時に免許を取得することが可能です。幼稚園教諭の資格だけでなく、小学校教諭の資格もできる大学もあります。

幼稚園教諭の仕事に向いている人とは

積極的にコミュニケーションが取れる人

子供だけでなく、保護者そして同じ現場のスタッフとの交流が不可欠な仕事なので、高いコミュニケーション能力が必要です。

子供を預かるための責任感が必要

ほとんどの場合一人で、多くの子供の対応を行います。真面目なだけでなく責任感が高さが求められます。

チャレンジする意欲がある人

子供とのコミュニケーションだけでなく、ピアノや図画工作などが苦手でもチャレンジする意欲が必要です。

リサーチ能力が高く、調べることが好きな人

今子供がどんなことに興味があるかなどのリサーチ力が必要です。親御さんとの対応もあるため、大人とのコミュニケーションのための情報リサーチも必要になります。

心の切り替えが上手な人

親御さんや同僚などからのネガティブ発言からも気にせず、流せるぐらいの心の切り替えが必要になります。

学校の特徴を知って進学先を選ぶ

園児と先生

幼稚園教諭として働くためには、幼稚園教諭免許を取得する必要があります。そのためには国に認定された大学や短大などで、養成課程を修了しなければなりません。このように養成機関には色々と種類がありますが、どのようなルートを選べば良いか迷っている人もいるでしょう。短大や専門学校などでは資格取得を目標に2年間集中的に学べるため、いち早く実践の場に出ることが可能です。少しでも早く社会に出たいと考えている人は、短大や専門学校を選ぶことが多いです。実際に幼稚園教諭として働いている人の7割近くは短大卒だともいわれています。ただしこの場合、取得できるのは2種免許状となります。大学以上で学ぶと、幼児教育についてより専門的に学ぶことができます。4年間という長い期間があるため、専門科目以外にも幅広い教養科目も学ぶことが可能です。養成課程のある大学で必要科目を修めれば卒業と同時に、1種免許状を取得出来ます。さらに専門性を高めたければ、大学院に進学する選択肢もあり、修了すれば専修免許状が与えられます。

資料請求とオープンキャンパス

園児と先生

幼児教育の重要性がいわれているなか、幼稚園教諭の存在に注目が集まっています。幼稚園教諭の免許を取得するためには、大学や短大などに進学して所定の単位を修めなければなりません。つまり、進学の準備が必要となりますが、まずは幼稚園教諭を目指せる学校を探さなければなりません。全国各地に養成課程が設置されている学校は数多く存在するため、探すのはそれほど難しくはありません。もし気になる大学などが見つかれば、資料請求をしたりオープンキャンパスなどに参加したりして、学校の様子を知ることが大切です。資料請求は進学情報サイトなどから一括して請求することができます。基本は無料ですが、学校によっては有料のところもあるので事前確認が必要です。また、オープンキャンパスも進学情報サイトを活用すると、効率良く情報取集できます。