HOME>アーカイブ>需要が高まりつつある心理カウンセラーの資格

資格を取得して心理カウンセラーになろう

心理カウンセラーの資格は、家庭や学校・会社の悩みなど、悩むことが多い現代人に求められている資格です。

心理カウンセラーの仕事の内容

スクールカウンセラーとして学校で心理カウンセラーとして働く

友人や家族、学校の先生との人間関係や学校での生活や食に関してなど、学校生活だけでなく日々の生活の悩みや病気の相談を受けることになります。子供だけでなく、保護者からの相談も受けることになります。

病院にて専門的だけでなく専門外でも活躍

精神科や心療内科さらには専門的に行うメンタルクリニックにて、心の病気を抱えた本人や家族の相談を受けたり、小児科や産婦人科などでケア対応を行います。

企業で従業員専用のカウンセラーとして働く

企業に設置されている相談室で、企業に働く方々のメンタルケアを行います。

児童相談所で子供や親の相談を受ける

児童相談所では、親からの虐待や友人からのいじめを受けている子供や子供が障害があるという親御さんの悩みなどの相談を受けます。

企業に所属せずに開業する

心理カウンセラーの経験を経て、独立・開業を行います。

メンタルの病気

バインダー

人間には特有の病気というのがあり経験することによって免疫力がつき強くなっていくこともできますし、医療分野の発展によって医薬品が作られています。近年は心理カウンセラーなどのメンタルの病気を中心とした資格でプログラム化されており、少しでも回復できるようなシステムが必要です。

質を上げる

セラピー

心理カウンセラーになるには資格が必要ですが、どのような種類があるのかというと「国家資格」と「民間資格」があります。国家では公認心理師や臨床心理士などがあるので、これからの社会問題として出てくる精神疾患を考える需要が高まっているのが現状といます。その他にも民間では公認カウンセラーなどの資格を持っていることで、カウンセリングをすることができますが、仕事を考えるとより資格のレベル上げていくことも大事です。

企業で働く

カウンセリング

心理カウンセラーでは国家資格を持っていることによって学校で活躍することができますし、福祉施設でも必要とされる部署があるので将来性が高いです。そして民間資格だとしてもその人の力量がある場合には、一般企業で働くことができますので、サポート的に企業で働くことが可能となっています。精神的な悩みによって生産性が落ちてしまう企業も少なくないため、多様化しているコミュニケーションなども含めて人材を拡散させていく必要があります。